ベストポットのレビュー…唯一悪いところとオススメ通販サイトはココですよ!

best pot/ベストポットを使ってみた私の口コミ!

best pot/ベストポットは、お料理がとってもおいしく作れる話題の無水鍋!

こんにちは、今日はそんなベストポットのレビューをお届けします。

ベストポットに興味をお持ちの方は、どうぞ1つの意見として、参考にしてください。

★☆★ 私がbest pot/ベストポットに興味を持ったきっかけ! ★☆★

私は、昔からクッキングが趣味の一つでした。

ですが、両親たちにはもちろん美味しいと言ってもらえるものの、自分自身が本当に満足できる味はなかなか作り出せずにいました。

仕事柄、有名なお店で食事をする機会が多いのですが、比べてしまうとなんだか納得いかないのです。

主人は一人暮らしをしていた期間も長かったためか、男性としては味にこだわる方です。

だからこそ、お世辞抜きで評価してほしかったので、いつも意見を求めていました。

そしてら、ほんのちょっと味が足りないかも?…と言われることが何度かあったんですね。

でもそのちょっとがお互いに見つけ出せず、ずっともやもやを続けていました。

調味料や材料にこだわったり、複雑な工程を付け加えてみたり……

とはいえ、それはお互い暇さもあったからこそ出来ていた実験です。

そのうち子供が生まれて、私は育児に忙しくなりました。

主人も年齢を重ねる中で中間管理職となり、若かった時のように早く帰れる日は少なくなりました。

少しでも火の前で立っている時間が少なく、放ったらかしでいられるお料理をというのが献立選びの中心となると、更に味へのこだわりは難しくなったのです。

ただ、一生懸命頑張ってくる主人のためにも、美味しい家庭料理で出迎えてあげたいという想いは当然あります。

それに自分自身、育児や家事のご褒美は欲しいのです。

材料や調味料もいいけれど、今度は調理器具にこだわってみたらどうだろうと思い、それで見かけたのがベストポットです。


バーミキュラやル・クルーゼ、ストウブなどは有名ですが、正直ベストポットという名前は聞いたことはありませんでした。

でもその姿を見たとたんに、一目ぼれしてしまったのです。

とは言え、もしも合わなかった場合にキッチンで邪魔ものとなってしまいます。

子供の為にも、お金は1円たりとも無駄には出来ないもの。

なので、早速おうちに帰ってから、もっと詳しくベストポットについて調べてみることにしたんです

★☆★ best pot/ベストポットについて詳しく調べてみた! ★☆★

ベストポットは無水調理できる鍋です。

伝統ある萬古焼で、形は独特ながら土鍋となっているのです。

気密性が 高く、1000分の1ミリの誤差を保障する精度なんだそうです。

隙間が全然ない、だから食材から出てきた水分が逃げることは無く、そのものが持つ水だけで調理ができるのです。

余計な液体を入れても旨味は薄まるだけ、食材が持つ力を最大限に生かせるベストポットならば美味しく出来そうです。

下町ロケットのリアル版ともいえる、航空宇宙産業の部品加工の高精度技術で作られているからこそ、この精密さが実現しているんだとか。

使われているのは阿蘇山の火山灰、鍋の内部の釉薬です。

鉄分が多く含まれているからこそ遠赤外線効果抜群、80パーセント以上という高い放射率を安定して保てていることが、三重県工業研究所での試験結果でも分かっています。

独特な形は羽釜と鍋の二重構造となっているからこその、全てが計算された形なのでしょう。

そんなベストポットだったら、まんべんなく鍋の中では熱が対流します。

理想的に食材が動いてくれるから、料理は美味しくなるに決まってます。

こんな素晴らしい鍋があれば、わざわざ高い食材や調味料を買わなくても、ただ煮るだけで最高のごちそうとなるはずです。

お金も手間も節約できて、ベストポットは忙しい毎日にピッタリかもしれません。

このようにベストポットについて調べれば調べるほど、更に興味関心が湧いてきたので、今度は実際に使っているという方たちの口コミ評判も見てみることにしました。

公式サイトだとメリットばかりが挙がるもの、悪い口コミも含めて知ることで参考にしたいのです。

ベストポットの皆さんの使い方も知りたいです。

主婦として家計を預かっている以上は、見た目だけで飛びつくわけにはいきません。

★☆★ best pot/ベストポットの評判はどんな感じ?…口コミを調べてみた! ★☆★


ベストポット 口コミ
※出典:【楽天市場】MOLATURA ベストポット | みんなのレビュー・口コミ
※口コミはあくまで個人の感想ですので、使用感や効果には個人差があります。


購入者さん

来るまでに3か月かかりました。

沸騰して蓋がぐつぐついってきたら火を止めるだけで、煮物とかが時間をかけて煮込んだ味になるとても便利なものです。

ご飯が一番差が出るし、甘くておいしいです。

残念な点は気をつけていても吹きこぼれて、跡がつくのでポットが汚く見えます。

色が濃い方がいいかも。


nao18419292さん

今までは人気の鋳物ホーロー鍋20cmでご飯を炊いていました。

美味しかったのですが、1合しか炊かないと鍋底の部分は、カリカリしてしまいます。

その点ベストポットは、1合でも2号でも口の中でご飯がほどけ、美味しく炊きあがります。

容量は普通の鍋と変わりませんが、内底は12~13cmで縦長の印象です。

その分お米が中でよく躍るのでしょうか、火を止めても沸騰が止まりません。

炊き方も楽ですし、内側がツルツルしているので、洗うのも楽な方だと思います。

汚れが気にならず黒にしてよかったです。

2か月待ったかいがありました。


購入者さん

ご飯を炊くのに使ってみました。 火加減(中火、やや中火、強火)、水加減(米2合:水400~500mL)を何度か調整して、漸く炊き方がつかめてきました(炊飯レシピに強火とありましたが、強火だと、蓋と中身が飛散したこともありましたが。。。)。

炊きあがりは、一粒一粒立つ感じで、甘みが出る一方で、余熱で炊き上げるので米が踊らないためIHジャーのような粘りは強く出ないのが特徴だと思います。

使うお米の種類を変えて、好みの炊き上になるようさらに工夫します。

沸騰した後に放置するだけなので、料理が簡単で光熱費の節約になるのは大きなメリットです。

沸騰してから、放置するだけなので料理自体はとても簡単で光熱費の節約になります。


kaerutiyanndaisukiさん

おもい、よごれとれない。

美味しご飯食べたいと言うと、主人が、買ってくれましたが、72歳には、重いです。

大事に吹きこぼれ無いように、見張って居ますが、汚れ、洗っても取れないです。

色はイエローを、購入しましたが、ブラックにすれば良かったと後悔して居ます。

塗り替え可能との事、アフターケアーは、良さそうでも、送るの大変そうです。

御飯は確かに美味しいですよ。

大変重いので、星4つです。


ろくちゃんFSさん

TV「ガイアの夜明け」でMade in Japanの高い技術と企業の姿勢に感化されて購入しました。

空気以外はなんでも削るという切削加工技術の自信からくる隙間のない蓄熱性の良さは本物です。

確かに高価ではありますが、料理を作る楽しみは具材だけでなく、調理器具の存在が大きいと思います。

これから、どんな料理を作ろうかワクワクするな。

そんなふうに思えればこの値段も納得できます。


ベストポットの口コミをそのまま、ほんの一部ですがご紹介しました。

他のサイトの口コミ等も合わせて整理すると……

ベストポット、煮物はもちろん、ご飯を炊くのに使っているという方も多くいました。

対流によってお米が踊れば、美味しく出来るに決まっています。

どうやら「ガイアの夜明け」でも日本製品の高い技術、企業の努力についての特集もあったようで、伝統工芸に工業技術の高さ、更には若い子たちも抵抗なく購入できるデザイン性と、3つ揃ったベストポットは多くの方から高評価を得ているようです。

ご自身で使うためはもちろん、ご主人がプレゼントで買ってくれたという方もいて、なんだか羨ましかったです。

使った上での感想は皆さん上々、「ようやく理想の鍋と出会えた」とまで絶賛されている方もいます。

とにかくベストポットだったら、ご飯が甘く美味しくなるそうです。

一粒一粒立つし、沸騰後は放置しておくだけなので光熱費の節約にも。

子供を見ながらだとコマ切れ時間でしか調理ができないので、放置で調理が進むというのはありがたいです。

ル・クルーゼなどもそうですが、ベストポットも重みへの不満の声はいくつかありました。

土鍋なのですから当然かも。

形状的には持ちやすそうなので、お手入れしにくさはなさそうです。

沸騰してすぐに火を止めないと吹きこぼれの心配も。

そうなると周りに汚れが付いてしまい、重曹など使わないと落ちにくいようです。

大好きなピンク色か爽やかな白を考えていましたが、汚れが目立ちにくい色味のものを選んだ方が良さそうです。

どちらにしろ、火をつけたままの放置は危険なこと、子供が泣いてもその間くらいはちょっと我慢してもらって鍋を見守るようにします。

だんだんと年齢も上がり、抱っこさえしていればぐずらなくなってきたので、鍋を見ているだけなら無理なく出来るでしょう。

置いていて絵になるデザインなので、鍋を出したり仕舞ったりの手間は必要なしです。

それなら重みもそんなに気になりません。

★☆★ best pot/ベストポットを使ってみた! ★☆★

ベストポット、購入することにしました!

電化住宅の我が家なので、IH対応バージョンです。

土鍋なのでIHは無理と思っていたのですが、さすがベストポット…そのへんの対応もバッチリとなっていました。

そして色はインディゴブルーにしました。

ベストポットはその熱効率の良さゆえに、もしかしたらIHでも吹きこぼれる恐れがあります。

そんな指摘が口コミでもあったので、最初はブラックを考えたのですが、ちょっと重厚すぎるかなって。

それで、お洒落感もあるインディゴブルーにしたというわけです。

お値段は20㎝サイズだと42000円、決して安い価格ではありません。

でも伝統の焼き物、それも宇宙船にも使われるような技術で作られている製品と思えば、決して高すぎる買い物でも無いでしょう。

一度手に入れれば、そのままずっと何十年も使い続けられます。

大切に使って、娘にも引き継ぎたいものです。

一つ一つ丁寧に作っていることもあり、届いたのは注文してから2か月ほど経ってからでした。

待ちわびたプレゼントがようやく届いたので、とても嬉しかったです。

ポトフやおでんなどのメニューの時にはそのまま食卓に鍋ごと出したいと思い、オリジナルの鍋敷きも一緒に購入しました。

デパートで見た通り、可愛らしい形状で見ているだけでテンションが上がります。

仕事に育児にと疲れている状態だと、お料理好きだった私も、さすがに嫌になることも多々あります。

でもこのお鍋を見ていると、いろいろ作ってみたいという気持ちが沸き上がりました。

まずは取り合えず、冷蔵庫に入っていたお野菜とウインナーでポトフづくり。

今まではお水もたっぷり入れていたのですが、お野菜の持つ水分に頼ることとします。

調理と言っても本当に簡単で、ほぼ放置していました。

そうして開けてみた時に、意外とたっぷり溜まっていた水分に驚かされました。

野菜ってこんなに水が入っているものなのですね。

いつも通りの材料なのに旨味がたっぷりで、とても同じとは思えませんでした。

むしろ調理は楽になっているのがすごいことです。

主人も大絶賛、お野菜は嫌いと口から出していた上の娘も、夢中で食べてくれました。

★☆★ best pot/ベストポット…私の評価! ★☆★


良いところ!

沸騰したら放っておくだけ、それなのに美味しいお料理が作れるのがベストポットの良い所です。

仕事に育児に家事にと忙しい現代女性、調理の手間は少しでも減らしたいものです。

夏場の暑い時にお料理するのも億劫でしたが、ベストポットがあれば、相も変わらずお野菜たっぷりのお料理が作れそうで、夏バテ防止にもなるでしょう。

ベストポットを手に入れたなら、ぜひ試してほしいのが炊飯!

お高い炊飯器も、コシヒカリなどの有名なお米ももう必要ありません。

安いお米が、甘みたっぷりの最高級の味に変わるのです。

ご飯が美味しければ、混ぜご飯でも十分!…手間のかかったメニューは忙しい平日には作らなくとも良いのです。

それなのに家族から不満が出ることは無くなったのです。

その見た目の可愛らしさも良いところ、ベストポットならではのコロンとした形状は、見ているだけで気持ちが和みます。

昔から使われてきた土鍋と同じ性質を持つとは思えず、これなら若い女性も喜んで購入することでしょう。

これがあるだけで、キッチンがおしゃれ空間になりました。

目に入るたびにニヤニヤが止まりません。

ベストポットの公式サイトを見ると、レシピ&ブログが掲載されています。

せっかく素敵なお鍋を手に入れても、使いこなせなければ意味がありません。

でも、これだけ多数あれば、どんどんレパートリーは増えていきます。

どれも特別なお高い材料は必要ないのに、ほんとうに美味しいのです。

埃をかぶるような暇はなし、いつでもテーブルの真ん中にはベストポットがあります。

鍋敷きも買っておいて正解、それなりに重みがあるので安定する専用の土台は必要です。

これからも、おふくろの味を作り出していきますよ。


悪いところ!

焼き物であるベストポット、一つ一つ丁寧に作られています。

密閉性の高さ、形状などが美味しいお料理を作り出すポイントとなるのですから、点検もきちんとされているのです。

だからこそ好評で注文が殺到すると、お届けが滞ってしまうのは当然のことです。

今現在、注文しても納品まで2か月以上かかると言われています。

一目ぼれして注文しても届くのはずっと先に、それがベストポットの悪いところなわけです。

でも、待ちに待って届いたからこそ感動はひとしおです。

インターネットの写真で見ると素敵に見えても、実物はいまいちといった製品は多数ありますが、ベストポットに関してはそんなことは無いので大丈夫です。

慌てて作って不良品となってしまっては、その良さは消えてしまいます。

高い技術を要するものだから、作れる方もごくわずかでしょう。

ベストポットに惚れ込んでしまったら、届くまでの期間は諦めるしかないのです。

2か月後を楽しみに、待っている時間を楽しみましょう。

高級なお鍋と言えばル・クルーゼが一番に思い浮かぶもの、バーミキュラも有名ですがベストポットについては正直知りませんでした。

知名度の低さも悪いところ、でもだからこそ2か月待ち程度で済んでいるのかもしれません。

もっとみんなに知ってほしいけれど、1年待ちとかになると待ち遠しすぎます。

あまりに良かったので、炊飯用とおかず用と分けたくて、もう一台の購入を検討しています。

なのでみんなに知ってほしいけれど知られたくない…早く手に入れたいと葛藤する気持ちがあるのです。

一度試せば絶対ハマる、重さをデメリットに挙げている方もいましたが、それは想定内ですし、どっしりとした重みが心地よく感じられます。


満足度!

ベストポットの満足度ですが、5段階評価で4.5点です。

これまでは食材や調味料にはこだわっても、鍋は二の次でした。

でもベストポットと出会って分かりました。

お鍋に一目ぼれすることもあるのですね。

追いかけても届かない、注文したのになかなか手に入らないというところに、上級の駆け引きが感じられてでも、まんまとハマってしまいました。

ようやく届いたときには、上流階級のお姫様を手に入れたかのような高揚感さえありました。

まさか宇宙船にも使われるような高い技術の製品が、我が家にくるとは思っていませんでした。

これだったら、この値段でも納得です。

★☆★ best pot/ベストポットのオススメ通販サイト! ★☆★

では最後に、ベストポットのオススメ通販サイトをご紹介して終わりにしますね……

ベストポットのオススメ通販サイト【詳細】…はコチラ

≪ベストポットの使い方Q&A ≫
Q:使い始めのお手入れはありますか?
A:目止めをしてください。1番簡単な方法は、おかゆを作ることです。まず、土鍋をよく水洗いし、よく拭いて乾燥させます。(濡れたまま加熱すると割れる原因になります)その後おかゆを作り、炊き上がったら火を止めて1時間以上置きます。土鍋が充分冷めてからおかゆを取り出し、土鍋を水洗いしたら目止めは完了です。(おかゆは食べられます)


Q:どんな料理に向いていますか?
A:煮物、スープ、蒸し焼き、ローストビーフやプリンなども作れます。


Q:無水調理はできますか?
A:できます。水分の多い野菜を使うと上手にできます。


Q:揚げ物はできますか?
A:揚げ物調理には適しておりません。


Q:IHクッキングヒーターに対応していますか?
A:ベストポット(直火対応)は対応しておりません。ベストポット IH(IH対応)をご使用ください。


Q:調理した料理をそのまま鍋に保存しても良いですか?
A:鍋が食材の匂いを吸い込んでしまう恐れがありますので、長時間入れたままにすることはお勧めいたしません。


Q:鍋の取っ手、つまみは熱くなりますか?
A:熱くなります。必ず鍋つかみなどを使用し素手で触らないようにしてください。


Q:調理器具は何を使えばいいですか?
A:特に指定はないです。しかし、金属製のものを使用した場合、鍋と接触した際に金属の色がつく可能性があります。


■LINK■